街ing"まっちんぐ"~豊中・箕面・池田

豊中・箕面・池田の北摂3市を中心とした街の情報や、不動産関連のお役立ち情報を書いています。

朝から、春霞のようなグレー一色の空の下、
箕面さくら並木通りのマンションの外観を撮りに行ってきました。

場所は、「大阪みどりの百選」にも選ばれた、古木のサクラが、
市道の両側から道を覆うように伸びている、「箕面桜通り」。
両側通行の市道は、クルマも、満開の桜を楽しむように、ゆっくりゆっくり行きかっています。
そして、盛りのサクラにカメラを向る人も、チラホラ。
箕面桜通り1
今日は青い空をバックに、ではなかったけど、なぜか、春霞のグレーの空が、
サクラの淡いピンクをいっそう映えて見せてくれる、
そんな箕面のお昼でした。
箕面桜通り2

Brillia 箕面さくら並木通り











”タローさん、家を買う” ~初めてのわが家物語vol.1はこちら
****************************************************************************

分譲住宅の販売会社担当営業と、相談を重ね、
タローさんの新築住宅購入計画は、おおよそ決まった。
消費税込の土地建物代が、3580万円。
諸費用はおおよそ300万円。
引っ越し代、そのほか、新居必要なものの購入費用として、100万円。

そして、なによりタローさんのご両親が、1000万円の援助をしてくれることになった。
「省エネルギー性・耐震性を備えた良質な住宅用家屋」の購入資金として、
1200万円の枠がある「住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置」の適応を受けることとなり、
この援助分は、贈与税がかからない。

そこで、タローさんは、残りの2580万円について、住宅ローンを利用することにして、
事前審査を受けることにした。
春
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ハナコ「お父さんが、1000万円も出してくださるって」

タロー「そうみたい。将来の同居を条件にね。長男だからね。
     まぁ、相続財産の先渡し見たいに考えれば、いいのじゃないかな」

ハナコ「だったら、相続の時にその1000万円にも税金がかかってくるんじゃない」

タロー「それはないみたい。確かに、相続時精算課税制度というのもあって、
     1000万円の枠を超えても使えるみたいだけど、
    そもそも、  贈与税の基礎控除以上の財産は、うちにはないよ。
     ま、オヤジさんが亡くなるときに贈与税の制度がどう変わっているかわからないけどね」

ハナコ「今住んでおられる実家の不動産はどうするの」

タロー「あそこは不便だろ。今でも病院通いはバスだしね。年をとると坂道はキツイよ。
    だから将来、売って引き取ろうと思う」


ハナコ「介護かぁ」

タロー「飛躍しすぎ。まだ、10年や20年はぴんぴんだよ。でもまてよ、
    あそこ、ユニバーサルデザインになってたかな。段差だろ、手すりだろ。
    車イス用スロープも必要かな。調べとかなくっちゃ」

ハナコ「飛躍しすぎ!」


タロー「実際、将来、介護保険を使って、改装。ってなことになるかもね」


♪ping pong~♪

ハナコ「タナカさん来られたみたい」

営業マン・タナカ「こんばんは」

     
営業マン・タナカ「銀行ローン選びにあたっては、金利も大事ですが、
           保証料など、諸費用は銀行によって、商品によって違います。
           そこのところをよく見極めて、使いやすい商品を選びましょう。
           いうまでもなく、住宅ローンは、生涯で一番大きな買い物です。
           銀行とのおつきあいは、20年30年続きます。
           今の時代ですから、その時その時の日本の経済情勢が、
           どう変わっているか分かりませんしね。
           このまま、デフレ経済が続くのか、インフレがやってくるのか。
           その時代に応じて、対応できるように、
           例えば、繰り上げ返済時の手数料なども、違いますから、見ておいてくださいね。

           住宅ローンの返済計画は、ライフプランのなかでも大きな比率を占めます。
           ライフプランは家族の人生設計でもあります。
           おうちを建てると云うことは、家族の将来設計を考えるということですから、
           この機会にご家族で、十分話合ってください」

タロー・ハナコ 「なるほどね」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
担当の営業マン・タナカ氏が作ったローンの返済計画は、

□元金 2580万円
□当初5年金利1.370%
□借入期間25年
□ボーナス返済併用

■毎月/81,922円
■年間返済額/1,219,942円

となり、手取り収入に占める返済比率はおおよそ25%となりました。
今までの賃貸マンションでの年間の住居関連費は1,764,000円。
これに比べると、負担が軽くなり、固定資産税の負担分も十分賄える計算になります。
チェック
さて、返済計画もできました。
事前審査が通れば、あとは売買契約です。

to be continued...





さて、ブログ記事の企画モノからスタートです。

初めてお家を購入、あるいは、新築される時、
お金の話、法律の話などなど、わからないことが多いと思います。
そこで、そんなご家族にも、ためになる情報、参考になる話を、
ひとつひとつ細かなプロセスをストーリー仕立てで、
シリーズで紹介していこうと思います。
アップは不定期になるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

子供たちが春休みに入ったうららかな土曜日。
みんなの顔が揃った朝ご飯の食卓で、
タローさんの目に留まったのは、新聞に折り込まれた一枚の広告だった。

タロー「あれ、これそこの公園の北側じゃないのかな」

ハナコ「おウチが建つんだね」

娘A「なに、なに?」

タロー「タコ公園の向こうって、どうなってた」

娘B「あのね、おうち壊してたよ」

ハナコ「じゃ、売り出すんだね、建売かな」

娘B「いっこのおうち、すみた~い」

娘A「ねぇ、おひっこし~しようよ」

娘A娘B 「お・ひ・っ・こ・し、♪お・ひ・っ・こ・し♪」
戸建住宅イラスト

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


タローさんちの、新しいマイホーム作戦は、
土曜日の朝のそんな家族の会話から、はじまりました。
小売流通関係に勤務して8年。
タローさんは、専業主婦でたまにパート勤務の妻・ハナコさんと、
小学生の娘二人と共に暮らすお父さん。

賃貸マンションに住むタローさんちの家計状況は、
■家賃月々12万円+共益費1.5万円。
■月極の駐車場代が、1.2万円。・・・で、合計14.7万円。
■タローさんの税込年収は、600万円。

月々の住居費用の比率は、手取り月収の半分近くにも及んでいる。
朝ごはんのあと、家族4人でさっそく売出中の分譲住宅の現場に
行ってみることにしました。


のぼりがはためく、建売現場の「現地案内会」。
およそ35坪の敷地が、6区画並んでいます。
タローさん一家は誰もがこの街を大変気に入って暮らしています。
できれば、小学校も転校なしで卒業まで今の学校に通わせてあげたい。
おばあちゃんの家もこの近くです。
一戸建ての住宅なら、将来おばあちゃんと一緒に暮らすこともできます。

そんないろいろな条件を考えると、この分譲宅地のマイホームは、
タローさんちの新しいマイホームとしてベストな選択に思えました。

タローさん家族は、ちょっと奥まった、でも、南東の角にあって、
陽当たりが一番よさそうな敷地が気に入りました。
でも、子供たちは、何もない分譲宅地を見ても興味がありません。
お父さんと、お母さんが不動産会社の営業担当者としゃべっている間に、
遊びなれた隣のタコ公園に行ってしまいました。
たこ公園
現場での、アンケートに記入し、資料をもらってその日は帰ります。
休日の楽しい夕ご飯がおわり、子供たちが眠りについてから、
タローさんとハナコさんは、もらってきた資料を前に、話はじめました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ハナコ「キッチンがひろいよね。使いよさそう。あこがれるわぁ」

タロー「でも、買えるのかなぁ。資金計画だな、まずは。
    まえにちょっと聞いたんだけど、家を買う資金は、贈与税がかからないとか
    言ってたなぁ。いま、住宅販売の促進のため、税制で、いろいろ優遇策があるみたい。」

ハナコ「不動産会社の人も言っていたけど、契約が9月末を越しちゃうと、
        消費税が8%になっちゃうってホント?」
タロー「建物の分だけだよ。でも、確かにこれも大きいな。とりあえず、いろいろ検討しなくちゃね」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

to be continued...




はじめまして!
不動産情報サイト「私の不動産」を運営している不動産会社がお送りする、
「街 ing ”まっちんぐ”~豊中・箕面・池田」ブログです。

これから、街の情報や不動産関連のお役立ち情報を発信してまいりますので、
よろしくお願いいたします。











↑このページのトップヘ