コマーシャルで知っているあのハウスメーカの家が建てたい。
知り合いの工務店で家を建てたい。
あの建築家に設計を頼みたい。

新築の家を考えておられるご家庭にも
いろんなニーズがあります。

当然、家を建てるには土地が要ります。

そこで、サイトで「売り土地」を探して見つけたとします。
よく見ると「建築条件付き」とあります。
「建築条件付き」・・・?

はい。ではご説明します。

建築条件付き土地とは。
「土地の売買契約締結後の一定期間内(例えば3か月以内など)に、
売主または売主の指定する建築業者などとの間で建築工事請負契約を
締結することを条件に、販売される土地のこと」

期間内に建築工事請負契約が成立しない場合には、
土地の売買契約が白紙解除され、支払った手付金などは返金されます。

つまり、建物も付いて販売される土地で、
その建物の設計は、自由にできます。という販売形態です。

「建売」に対して「売建(うりたて)」なんて呼ばれてもいました。

以下、お客様の側からお家を購入するにあたって、
3つの販売スタイルのメリット等をまとめてみました。

■建売住宅の家と土地
すでに完成済か、建築確認の下りている家です。
内装設備等の自由度は、期待できません。
細かい打合せや交渉に煩わされることもありません。
家と土地の価格が合わせて、分譲価格が表示されています。

■建築条件有りの土地
家の設計に関しては、標準プランというのが提示されており、
それを基本に、間取り、設備にも自由度があります。
建売と同じようにひとつの事業主が土地と建物を合わせた利益を見込むため、
土地と建物、別々の事業者が利益を得る場合より、
消費者にとってコスト的にも有利であるとも言えます。

■建築条件無しの土地
直接希望の建築士に設計を頼むときや、こだわりの家を建てたい場合に買う土地です。
土地のみ先行して取得する必要があります。
物件数が限られており、古家が付いている場合はそれを解体する費用が必要であったりと、
資金的にも余裕が必要です。

建築条件付宅地

「建築条件付き」って言葉は、確かに法律用語で、
日々、目にする広告では、理解しにくいかもしれません。
家を買う建てるというのは、大事業です。
土地や家に対するこだわりを形にして、満足のいくわが家を手にしていただけるように、
事業者は日常から、わかりやすいコトバで説明する必要がありますね。