玄関とは、「玄妙な道に入る関門、つまり奥深い仏道への入り口」。
そんな意味から、
その昔は、禅寺の門などをさし、
江戸時代以降、住居の入り口の意味として使われたそうです。

 

ということは、「玄関」の先の「家」は、修行の場、ですか。

ま、そうとも言えなくもないですが。。。

 

いやいや、現代の人にとって、家は安らぎの場であってほしいのですが、

リフォーム・リノベーションをお考えの方へのちょっとしたヒントとして、

その住居の顔といえる「玄関」を、考えてみました。

 

「幸運の気は玄関を通って家に入ります。
幸運が入りやすい玄関にしておけば、

その家にはツキがどんどん入り込み、家族を幸せにしてくれます」。

 

こんな風に、いわゆる、家相や風水でも、玄関は大切に考えられています。

 

玄関は、通り(公共)と、家(プライベート)との接点ですね。

昔の日本家屋では、土間の玄関の上り框(かまち)に腰かけて、
 お隣や、ご近所さんとの会話が弾んでいたように思います。

 

玄関という土間スペースは、靴を履いたまま入って行ける。

 だから、いつでも気軽に訪れることができたんじゃないのかな、と。

 
そこで、ちょっと広く土間スペースを確保し、

腰を掛けて話ができる椅子を置く。

温室のように植物を並べてみる。

趣味の道具で飾ってみる。

そんな工夫をしてみてはいかがでしょうか。

 

人を暖かく迎え、訪問者にとっても心地よい空間にすることで、

自然と人を引き寄せ、コミュニケーションが生まれる。

 

失われつつある、都会の「縁(えにし)」をはぐくむ家を。 

 玄関土間
イラストをご覧ください。

 マンションリフォームでの玄関提案です。

 
よくある、玄関横の洋間を(もう、納戸状態?)潰して、

玄関土間にしてしまおうといいう、大胆な提案です。

まさに「縁」を結ぶ、「玄関」です。