IMG_0284
刀根山から梅田方面。いい天気だ、でも暑い!


賃貸派VS購入派の議論は、昔からずーとありました。

が、その議論の根拠となるのは、その時その時の経済状況であったわけです。


金利の高いバブル時代、月々のコストだけでは、購入派は負担は大きいものの、

その分資産価値も大きかった。


今の時代は低金利で、長期ローンを組めば家賃以下の負担で、新築住宅が買えます。

住宅ローン控除もあり、とても有利です。


固定資産税負担、建物維持費等、あらゆるコストを加味した生涯負担を計算し、

賃貸と分譲を比べた試算は、あちこちに出ています。

しかし、生活の基盤である住宅を、その生活価値で比べるとどうでしょう。

賃貸は、移動の自由が大きいです。

生活の変遷に合わせて好きなところへ移動する。

これも生活価値です。

推測ですが、住宅が過剰になってくる将来、もっと流通が活発化し、

この議論が、意味をなくす時代がやってくるかもしれません。