近年、やたら激しい気象状況が、日本列島を悩ませています。
風による被害だけでなく、河川の氾濫による洪水被害は、
人命はもとより、家屋にも深刻な被害をもたらせています。

そこで、住宅の安全性を考えるとき、まず、確かめたいのが立地条件です。
一見平坦に見える宅地でもよく見ればその危険性が見えてきます。

大きな川の近くではないけれど、家の周りには水路があちこち。
こんなところは低地の可能性あります。今多くの行政では、「ハザードマップ」を作成し、
ネットで公開しています。

そこには河川の氾濫による洪水だけでなく、
雨水+下水のオーバーフローによる内水氾濫の危険性も見えてきます。
ぜひ、いちど参考にしてください。

もうひとつ、今お住みの街の古い地名を知るのも、参考になります。
古い地名にある字(あざ)○○、と○○のところにある字が、ヒント。
この「字名」には、自然災害や地質、土壌などに由来したものが多いといわれ、
元々の湿地や低地や崖の地形が読み取れるらしいです。
加えて、水災害に見舞われることが多かった地域では、「蛇」や「竜」という字を当てて、
子孫にそのことを伝え、注意を喚起する意味が込められているらしいです。
台風シーズンはまだ続きます。
くれぐれも万全の備えをなさってください。
1646618