買うときはもちろん、借りる時も、集合住宅=マンションは管理を見て判断。これは、昔からよく言われていることです。
で、今、特に中古マンションを選ぶとき、「管理」がますます重要になってくる。というお話を。

少し前、NHKの番組で、廃墟化する都市部のマンションの特集があり話題になりました。
築40年を超えて、所有者=居住者の高齢化が進み、空き室がどんどん増える。
そうなると、管理費修繕積立金等の管理組合の収入が減る。
当然、維持管理の費用が不足する、ますます劣化が進む。という言うシナリオです。

ここまで行かなくても、長期修繕計画に基づく大規模補修の費用不足が露呈するマンションが
今後増えていくと思います。なぜか?

.建物は老朽化するほど、メンテナンス費用は高くなりますね。ほとんどのマンションは、
分譲時、修繕積立金は安く抑えるのが通例です。で、長期計画に沿って値上げを図るときに、組合員=所有者の合意形成がむつかしくなっていきます。
次に、今後駐車場収入が低くなっていきます。都市部では、
クルマを所有しない生活スタイルが増えてくると、組合の収入が減ります。

あと、自然災害対応など、様々なリスクが考えられます。
マンション管理は、「経営」です。現行の区分所有法に基づく、管理組合の多くが、
「経営」を担いうるのか。輪番制の理事会で、いいのか。
分譲マンションの管理という経営が、今後ますます多くの課題を突き付けてきそうですね。

949949